家政学部

学科サイトへ

家政学部 児童学科

子どもとともに「いる」「つくる」「生きる」ことを考える――。

学科創設47周年、児童臨床研究センター開設23周年の伝統を生かし、発展し続ける子ども分野を深く理解することのできる学科です。保育・教育・生活・社会において子どもを原点に、専門家として広く活躍する人材を育成します。大切にしたいことは、子どもへの愛情、行動力、そして洞察力です。

教育研究上の目的

子どもの成長を総合的に支援していくために必要な専門性をもった人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 生活体験や実習体験を通して子どもたちと直接かかわり、それぞれの成長を総合的に支援していくために必要な専門性を、多面的に養うこと。
  • 子どもを原点として、保育士、幼稚園や小学校の教員のみならず、子どもやファミリーに関連する企業などにも就職することのできる質の高い人材を育成すること。

求める人

子どもと子どもをめぐる大人、ファミリーに強い関心を持ち、温かなまなざしと専門性をもってかかわれる人。

高校での学習について

子どもの成長を総合的に支援する専門職を目指すため、その土台としてすべての教科の学習を通して、基礎学力をバランスよく修得しておくことが望ましい。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生活体験や実習体験など子どもと直接に関わることを中軸にして、その成長・発達を総合的に支援していくために必要な専門性を多面的に養うために1年次から4年次まで系統立てた教育を行います。

①児童学専攻

乳幼児の保育ならびに子育て支援、子どもの心身の共感的理解や援助、子どもの家庭福祉に関することなどを幅広く学び、卒業後は子ども家庭支援センターや保育所の保育士、幼稚園教諭や子どもやファミリーに関連する企業などで活躍できる人材を育てます。

②児童教育専攻

幼児期の保育や教育、思春期に至る心の問題ならびに小学校教育、および学外の教育文化活動や余暇活動に関することなどを幅広く学び、卒業後は幼稚園・小学校の教諭、子どもやファミリーに関連する企業などで活躍できる人材を育てます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

以下の要件や能力を備え、所定の単位を習得した学生には、卒業を認定し、学士の学位を授与する。

  • 子どもについて内面も含めて理解するために不可欠な児童学の専門的知識。
  • 保育・教育に関わる専門的知識と技能・技術。
  • 論理的思考力・表現力・共感力に基づき、子どもを中心にした関係のネットワークを作り上げることのできる能力。
  • 変化する社会における子どもに関わる多様な問題に対処できる幅広い視野と問題解決能力。

授業時間割表

平成29(2017)年度