家政学部

家政学部 家政学部の紹介

“生活”を学び、生活の質的向上を目指す

家政学部は、被服学科、食物学科(食物学専攻、管理栄養士専攻)、児童学科(児童学専攻、児童教育専攻)、ライフデザイン学科の4学科から構成されています。

「衣・食・住」3領域のほか、人に関わる発達、保育・教育、家族関係、それらを総合する生活経営など、家庭生活を中心とする「人間の生活」を総合的に学びます。

さらに、個人、家族、コミュニティに関わる生活の質的向上のための実践方法を学びます。

教育研究上の目的

新しい時代に求められる学びをリードする「未来志向型サイエンス」を主軸に教育を行い、自立心あふれる職業人を育成する。

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

家政学部は生活の科学、人間の科学を学ぶところです。

個人から家族、社会組織まで、人の生きているところには生活があります。家政学部では、生活者の視点から社会のさまざまな問題を科学的に見つめ、周囲の人々と協力して課題を解決していく力を、講義、実習、演習、フィールドワーク等を通じて実践的に身につけます。

家政学部は、真に豊かで幸福な社会を創造したいという意欲と、以下のような資質、志向を持つ人を求めます。

  • 大学での学問の出発点をなす、しっかりした基礎学力を持つ人。
  • 人間の生活のあり方とその改善に強い関心を抱き、そのために主体的に学びたいと思う人。
  • 学生時代だけでなく、生涯を通じて、個人と家庭の生活、社会の改善を考えていきたいと思う人。
  • 以上の目標のため、他の人々との協力、協働、社会的連帯を積極的に目指す人。
 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

私たちは、たくさんのモノに囲まれ、物質的にとても豊かな生活を送っています。しかし、その一方で、生活習慣病や環境破壊が深刻化したり、家族や親子をはじめとした人間関係のあり方が大きく変わっていくなど、次々と新しい問題も生まれています。
 これからの家政学は、一人の生活者としての視点からこうした問題に取り組み、それを科学的に研究することで、その解決方法を生み出していく学問になることが要求されています。

家政学部では、新しい時代に求められる学びをリードする『未来志向型サイエンス』を主軸に教育を行い、自立心あふれる職業人の育成を教育の方針としています。
 家政学部は、被服学科、食物学科(食物学専攻、管理栄養士専攻)、児童学科(児童学専攻、児童教育専攻)及びライフデザイン学科の4学科4専攻で構成され、それぞれ次のような方針を定めています。

 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

家政学部は、家庭という社会における最小単位から、科学的で豊かな生活を実践するために必要な問題意識を育み、社会の複雑な構造や問題を把握し、解決へと導くことのできる、真に自立した社会人を育成することを目指しています。

卒業時に備えているべき能力や要件は、以下の通りです。

  • 社会の全体像を理解できる、深く幅広い知識と的確な判断力・思考力。
  • 変化する社会環境に適応した生活の維持及び改善に、積極的に関与する意欲と関心。
  • 保育、教育、食生活、衣生活、住生活そして生活経営など、それぞれの分野における専門的知識と技術。
  • 特定の学科・専攻等においては、国家試験合格に向けて必要とされる学力。
 

学科紹介