比較文化学部

比較文化学部 比較文化学科

世界を見つめ日本を理解する視野を広げ国際感覚を養う――。

日本文化を軸にアジアや欧米の国々の文化と比較し、それぞれの特徴や現代の課題を幅広い視点から探求します。また、多様な文化を理解するために、確かな語学力も身につけます。

教育研究上の目的

2カ国語を修得し、各地域毎の文学、美術、宗教、政治、歴史などを日本文化と比較研究することにより、急激に変化する国際社会にも柔軟に対応できる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 「ダイナミックな文化比較の確立」―自他の文化の比較を通して国際理解を深め、主体的な問題解決をはかる学問の確立。
  • 「新たな文化創造の地平を開く」教育―多民族が共に生きる「共生」の時代に求められる新たな文化を創造するための教育。
  • 「新たな公共性の担い手」となり得る人材の育成―多民族、多文化共生の時代に求められる社会性(公共性)の育成。言い換えれば、さまざまな文化を「比較」という方法で学び、多文化共存・共生の社会を創造し得る高度な教養を涵養(かんよう)すること。

求める人

  • 外国語と外国の歴史・文化に関心を抱く人。
  • 物事を自分で考え、自分の言葉で語れる、意欲的な人。

高校での学習について

  • 履習すべき科目:大学での学問の基盤となる「国語」「英語」。
  • 履習することが望ましい科目:外国文化と日本文化を比較するための基礎となる「世界史」「日本史」。

※上記の科目のすべてを履習していなければ出願できないというわけではありません。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

比較文化学部は、比較文化学科1学科のみの学部ですが、その学科はアジア文化コース、アメリカ文化コース、ヨーロッパ文化コースの3コースで構成され、以下のごとくの広大な領域をカバーしています。

①アジア文化コース

中国を中心にインド、朝鮮半島等、北東アジアの各地域を扱います。学習・研究のテーマは、漢字、儒教、仏教、近代アジア思想、中国近・現代史、中国絵画、中国陶磁器、漢文学、中国近代文学、イスラム文化、植民地問題、日中関係などで、アジア文化の特色を浮き彫りにする多彩な内容を学びながら、アジアの文化を理解し、日本文化への認識を深めます。

②アメリカ文化コース

主に北米地域を扱います。学習・研究のテーマは、アメリカ文学、ピューリタリズム、プラグマティズム、人種問題、アメリカ政治経済、カウンターカルチャー、マスメディア、日米関係、多国籍企業、大衆消費社会などで、これらの内容を学びながら、アメリカ文化を理解し、日本文化への認識を深めます。

③ヨーロッパ文化コース

主として、イギリス、フランス、ドイツの各文化圏を扱います。学習・研究のテーマとしては、これらの地域の文学と芸術および歴史と風土、ギリシャ思想とキリスト教、ヨーロッパ統合の思想、地中海文明とヨーロッパの都市、ハプスブルク文化、日欧関係などがあり、ヨーロッパ各地域の文学から思想までの多彩な内容を学びながら、ヨーロッパ文化を理解し、日本文化への認識を深めます。

授業時間割表

平成29(2017)年度