比較文化学部

比較文化学部 比較文化学科


世界を見つめ日本を理解する。視野を広げ国際感覚を養う

日本文化を軸にアジアや欧米の国々の文化と比較し、それぞれの特徴や現代の課題を幅広い視点から探究します。また、多様な文化を理解するために、確かな語学力も身につけます。

学びのポイント


  • 1年次からの少人数セミナーで基礎固め
 

教員と学生の共同作業で幅広い知識を吸収し、多様な考え方と深く考える力を身につけるセミナーを1年次から実施します。大学ならではの授業を通じて、学びの基礎を養います。


  • 世界とつながるために、確かな語学力を習得
 

4年間を通じて外国語を学び、異文化理解に欠かせない語学力を養います。世界の多様な文化を理解する力が身につき、異文化を追究することができます。


  • 日本と世界を比べて学ぶ3つのコース
 

アジア・アメリカ・ヨーロッパという3つの「文化コース」を設置しています。外国の文化を理解する幅広い教養と、地域文化の専門知識をバランス良く学べます。コースごとの学習は2年次から開始します。


  • 海外で豊かな経験ができる「海外研修プログラム」
 

国際センター主催の海外研修・留学に加え、学部独自の「海外研修プログラム」を実施しています。


学びのフィールド

主な就職先

【建設】積水ハウス【製造】信越化学工業/東京エレクトロン【電気・ガス・熱供給・水道】東京ガス【運輸】全日本空輸【卸売・小売】中沢乳業【金融・保険】三菱UFJ銀行/みずほフィナンシャルグループ/中央労働金庫/三菱UFJモルガン・スタンレー証券【宿泊・飲食サービス】ヒルトン小田原(ヒルトン小田原リゾート&スパ)【サービス】ぐるなびほか(※一部抜粋)