短期大学部

学科サイトへ

短期大学部国文科


日本文学・文化を深く見つめ、確かな教養を身につける――。

私たちは、日本語で考え、日本語で表現することで、多くの文化を築いてきました。日本語についての知識、日本文化への理解という基盤があってこそ、他者との有益なコミュニケーションが可能になります。日本語による表現力を高め、日本文学・文化を探求することを通して、社会の中で自己を生かす力を養成します。豊かな知識と教養に裏づけられた知恵は、多くの可能性を切り開く力となるでしょう。



教育研究上の目的

現代を生きる上で必要な情報を自分の力で獲得し、確かな日本語能力を身につけるとともに、人間性豊かな社会人として国際化する現代社会で活躍できる人材を育成する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

国文科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識や意欲をそなえた人を求めます。


  1. 知識・理解
  2. 日本の言語と文学・文化に幅広く関心を持っている人。
  3. 思考・判断
  4. 自分が生きている時代や、日本や世界の社会について積極的に知りたいと思っている人。
  5. 関心・意欲・態度
  6. 社会に出る前の2年間で、真剣に自分の将来について考え、自分を一歩でも向上させたいと思っている人。
  7. 技能・表現
  8. 自分の考えを会話や文章で的確に表現したいと思っている人。

[2017年4月11日 改訂]

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

国文科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育を行います。


  1. 教育内容
    • (1)全学共通科目の学修を通じて、広やかな教養を身につけると同時に、人間性豊かな社会人としての能力を養成します。
    • (2)「日本語の基礎」「日本語の発生と展開」「現代の日本語」を学ぶことにより日本語を正しく理解し表現力を高めるとともに、「日本語の文章表現」「日本語の口頭表現」におけるアクティブ・ラーニングによって、積極性・主体性・協調性を醸成します。
    • (3)「日本文学の歴史」「文化批評」「日本文学を読む」などの学修により、日本文学についての理解を深めつつ、高度な読解力や論理的な思考力を培います。
    • (4)「日本文学・文化講義」「地域からみた文化」「文学・文化歴史踏査」「ジェンダーからみた文化」などの学修を通じて、日本文化への造詣を深めるとともに、世界の文化を理解する幅広い視野を育成します。
  2. 教育方法
  3. 上記(1)及び(3)では講義を中心として知識を体得させ、上記(2)及び(4)では演習を中心として実践的な応用力を身に付けさせます。
  4. 学修成果の評価法
    • (1)上記(1)及び(3)では各期末の定期試験やレポート、授業時間内の小テストで、上記(2)及び(4)ではそれに加えて個別口頭発表により評価します。
    • (2)2年次の「卒業論文」では、2年間の学修成果を生かして作成した論文について口頭試問により評価します。

[2017年4月11日 改訂]

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

国文科では、以下の要件や能力を身につけ所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。


  1. 日本文化・日本文学・日本語に深い関心を持ち、広範な知識と教養を身につけている。
  2. 周囲の人たちとコミュニケーションを取りつつ、積極的に社会に参画し貢献できる能力を備えている。
  3. 日本文化・日本文学・日本語に関する自らの問題意識を表現した卒業論文を作成し提出する力を備えている。
  4. 編入学等さらなる学びに必要な応用的学力や、図書館司書等の資格を取得することができる実践的学力を身につけている。

[2017年4月11日 改訂]

カリキュラムマップ(カリキュラムとディプロマ・ポリシーとの対応関係一覧表)

[2017年6月 掲載]


授業時間割表

平成29(2017)年度