短期大学部

専攻サイトへ

短期大学部家政科 - 食物栄養専攻

「食」と「健康」の幅広い知識と確かな実践力を持つ栄養士をめざす――。

食と栄養の専門家である栄養士の育成をめざし、「食」や「健康」に関わる専門知識や理論を深めると同時に、社会で通用する高い技術の習得をめざします。また、学内の実習ばかりではなく、校外実習で実際に給食を提供する業務を経験し、栄養士としての確かな実践力を身につけます。

教育研究上の目的

「食」と「健康」に関わる知識と技術を総合的に身につけ、健康づくりに貢献できる専門的知識を持った栄養士を養成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

生涯にわたって健康な生活を営むためには、栄養士の役割は重要である。食に関する知識と技術を身につけ、栄養士として様々なライフステージの人々の健康づくりに貢献できる人材を育成することである。

求める人

  • 食と健康について積極的に学び、栄養士として社会に貢献したい人。
  • 体力・気力に自信があり、明朗な人。
  • 何事にも意欲的に取り組み、目標に向かって努力する人。

高校での学習について

本専攻で栄養士資格取得のための専門科目を円滑に学ぶために、高等学校で学ぶ「化学」、「生物」は非常に重要な科目である。本学入学前にこれらの科目の学習内容を、十分に理解しておくことが必須である。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

家政科 カリキュラム・ポリシー

生活に対する問題意識を持ち、専門的知識と技術力を身につけて社会の変化と積極的に関わり、新時代にふさわしい生活を営む女性を育てる。
 家政科は、家政専攻、生活総合ビジネス専攻及び食物栄養専攻の3専攻で構成されている。

食物栄養専攻 カリキュラム・ポリシー
 

健康に対する志向が高まり、生活の質の向上が求められている今日、日々の食生活を担う栄養士の役割は重要性を増している。食物栄養専攻は、食と栄養の専門家である栄養士の養成を目的とし、食や健康に関わる知識と技術を身につけ、健康づくりに貢献できる人材を育成している。なお、栄養士として備えるべき知識と技術全般を実地に学ぶために病院、会社・事業所、保育所、老人福祉施設などでの校外実習を必修科目としている。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

家政科 ディプロマ・ポリシー

生活に対する問題意識を持ち、専門的知識と技術力を身につけて社会の変化と積極的に関わり、新時代にふさわしい生活を営む女性を育成することを目指している。 卒業時に備えているべき能力や要件は、以下のとおりである。

食物栄養専攻 ディプロマ・ポリシー
  • 幅広い知識・教養および専門的知識・技術力を身につけ、社会人・家庭人として的確に判断し積極的に行動できる能力。
  • 大妻で育んだ精神をもとに、生涯学び続ける意欲と習慣。
  • 栄養士として、専門的知識・技術を活かして社会に貢献できる能力。
  • 食の専門家として、他者との良好な関係のもとに自立できる能力。
  • 栄養士の資格取得に必要とされる学力。

授業時間割表

平成29(2017)年度