大学院

大学院人間文化研究科 - 現代社会研究専攻

現代の社会に必要なコミュニケーション能力と調査・支援のスキルを身につけます

現代社会研究専攻は、2つの専修から成り立ちます。情報コミュニケーション専修では、現代社会の構造的基盤を成す情報コミュニケーションに関わる諸問題の理論的・実証的な分析力を深めます。さらに、IT化が進む中で重視されている基本情報技術者・ITパスポート資格など情報処理のエキスパート、教科「情報」の教職資格のステップアップを目指す社会人の養成に力を入れています。

臨床社会学専修は、都市文化、教育、生と死、ジェンダーなど現代社会に起きている社会現象を実証的に調査研究し、そこに起きている問題に対する実践的政策を探ることを目指します。いずれの専修も、現代社会が要請する専門的な学問領域と職業領域との連携を図り、コミュニケーション能力と臨床能力を備えたより高度な職業人の養成を目標としています。

取得可能な免許・資格

  • 教育職員専修免許状

本学大学院研究科の修士課程を修め、修士の学位を有し、教育職員免許法に定める所定の条件を満たした方は、専修免許状を取得することができます。
※1種免許状未取得の者も、科目等履修生制度を利用することにより、専修免許状取得が可能です(ただし、免許状の取得には3年以上かかります)。

    高等学校教諭専修免許状(情報)

  • 専門社会調査士

卒業後の進路(主なキャリアイメージ)

専門社会調査士資格を活用する社会調査、マーケットリサーチ専門会社/IT技術を活用する業務、コンテンツ産業/子育て支援や女性自立支援に携わる公務員、NPO・NGO法人/研究職を目指した進学/その他、一般企業総合職など