大学院

大学院人間文化研究科 - 臨床心理学専攻

実践的臨床力と科学的思考力を備えた臨床心理士・公認心理師を養成します--。

本専攻は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院であり、同時に公認心理師受験資格を得るために必要な科目を履修できるカリキュラムを整えています。本専攻では、将来、「保健医療」「福祉」「教育」「司法・犯罪」「産業・労働」などさまざまな領域で、適切な支援・研究のできる有能な臨床心理士・公認心理師を育成します。

精神分析的心理療法、来談者中心療法、分析心理学的心理療法、認知行動療法、家族療法などをバランスよく学習し、きめ細かいスーパーヴィジョン体制のもとで豊富な事例を通して実践的に学びます。また、ほぼ100%の就職率と例年全国平均を上回る高い臨床心理士資格試験合格率を誇り、卒後教育体制も整っています。



教育研究上の目的

修士課程

臨床心理学的アセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法を習得し、さらに科学的思考と臨床的な態度とを身につけ、「保健医療」「福祉」「教育」「司法・犯罪」「産業・労働」などさまざまな領域で、適切な援助、介入及び研究のできる心理臨床の専門家を養成することを目的とする。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

修士課程

臨床心理学的アセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法を習得し、さらに科学的思考と臨床的な態度とを身につけ、「保健医療」「福祉」「教育」「司法・犯罪」「産業・労働」などさまざまな領域で、適切な援助、介入及び研究のできる心理臨床の専門家を養成するため、次のような人を望んでいる。


  1. 基礎的な心理学の知識を備え、論理的思考のできる人
  2. 共感的理解のできる人
  3. 成熟した社会的スキルを備えた人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

臨床心理学的アセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法の修得を通して、科学的思考力と臨床的態度ならびに心理臨床の専門的な能力を培う。

授業時間割表

平成30(2018)年度