大学院

大学院人間文化研究科
- 臨床心理学専攻

臨床的な態度と科学的思考力とを身につけた有能な臨床心理士を養成します――。

本専攻は、公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院として、数多くの臨床心理士を輩出しています。将来、医療・教育・産業・福祉・司法などさまざまな領域で、適切な援助・介入・研究ができる有能な臨床心理士の養成を目的とします。
心理臨床の代表的な理論・技法である、精神分析的心理療法、来談者中心療法、分析心理学、認知行動療法、家族療法などをバランスよく学習し、心理臨床家としての基本的態度と科学的思考力を身につけます。臨床実習については、豊富な事例をきめ細かいスーパービジョン体制のもとで学び、実践的な力を身につけられるようにしています。

教育研究上の目的

修士課程

臨床心理学的なアセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法を修得し、さらに科学的思考と臨床的な態度とを身につけ、医療・教育・産業・福祉・司法などのさまざまな領域で、適切な援助、介入及び研究のできる臨床心理の専門家を養成することを目的とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

修士課程

臨床心理学専攻は、臨床心理学的なアセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法を修得し、さらに科学的思考と臨床的な態度とを身につけ、医療・教育・産業・福祉・司法などさまざまな領域で、適切な援助、介入及び研究のできる心理臨床の専門家を養成するため、次のような人を望んでいる。

  • 基礎的な心理学の知識を備え、論理的思考のできる人
  • 共感的理解のできる人
  • 成熟した社会的スキルを備えた人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

臨床心理学的アセスメント、心理面接、地域援助の理論と技法の修得を通して、科学的思考力と臨床的態度ならびに心理臨床の専門的な能力を培う。

授業時間割表

平成28(2016)年度