大学院

大学院人間文化研究科 - 言語文化学専攻

日本語・英語による文学とその背景にある文化、および特定の地域における文化と相互関係について考察します――。

本専攻は、古典文学・近代現代文学・日本語学の3分野を主に研究する「日本文学専修」、英語文学・英語教育・英語学の3分野で構成される「英語文学・英語教育専修」、コミュニケーション文化・国際問題の2分野を主に研究する「国際文化専修」の3専修から成り立ちます。



教育研究上の目的

修士課程

日本と英米の文学と言語を中心とした専門領域の研究・教育を基盤として、さらに、近年内外で展開する政治、経済、文化の流動化に応え、洋の東西にまたがる国際情勢と文化の動態を柔軟に取り込む知の枠組を確立し、実践することができる人材を養成することを目的とする。

博士後期課程

言語文化学専攻(修士課程)における日本文学、英語文学・英語教育の専門領域の研究・教育をさらに深化発展させ、内外で加速度的に流動化する社会・文化の動態を読み解き、多様化し先鋭化する研究分野の動向や理論の展開に柔軟かつ強靭に対応して、自立した研究活動の成果を挙げることができる人材を養成することを目的とする。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

修士課程

言語文化学専攻は、言語と文学として結実する人間のあり様に、さらに文化的な視点をまじえた複層的な事象を研究の対象としている。具体的な対象や領域は、自然発生的で単純にみえるものから技巧が加えられた精緻なもの、静的なものから動的なものまでさまざまである。なにがときほぐされ明らかになるか、それはどのような問いを発するかによる。問い方、そして答えをまとめる技法を身につけることで、成果を世に問うことができる。そして成果だけでなく、問い方、答えのまとめ方も社会の共有財産となる。みずみずしい感性をもち、ことばと文化を深く研究する中で自己を形成し、広く社会に貢献していこうとする以下のような強い意志の持主を望んでいる。


  1. 日本文学や日本語を深く研究したい人
  2. 日本文学や日本語の深い理解力を身につけたい人
  3. 日本語の実践力を高めたい人
  4. 日本の歴史や文化を文学から考え直したい人
  5. 知的で洗練された英語が読める英語のエキスパートを目指す人
  6. 外国語習得理論を深く理解し、専門性の高い英語教員を目指す人
  7. 言語学的な観点から英語のしくみと働きを知り、高度な英語のコミュニケーションに役立てたいと思っている人
  8. 文学作品の専門的研究を通して人間や社会、文化のあり方について理解を深めたいと考えている人
  9. 欧米だけでなく、中国、韓国、ロシアの文化にあらためて高いレベルで取り組みたい人
  10. 実務的能力を発揮して、流動的な文化交流に貢献したい人

博士後期課程

言語文化学専攻修了者は、文学・言語・文化を中心とした専門性、文学教育・言語教育や国際文化・日本文化に対する知見、国際的視野に立つ多文化理解力とコミュニケーション能力などを保持した人材が社会から求められているため、学校教育現場のみならず、社会教育にかかわる諸機関、出版・放送などのメディア関係での活躍が期待できる。そのような人材を養成するために、次のような人を望んでいる。


  1. 日本文学や日本語を専門的に研究したい人
  2. 日本の文化や歴史を文学から専門的に研究したい人
  3. 日本文学や日本語に対する深い専門性をもって国際的に活躍したい人
  4. 英語を言語学的観点から科学的・体系的に研究したい人
  5. 英語文学作品やその他のさまざまなテキストを文化的・社会的文脈の中で読み解く能力をもち、文体的感性を高めたい人
  6. 言語学や文学の素養を生かし、英語教育を多角的に研究したい人
  7. 異文化コミュニケーションおよび国際メディア・コミュニケーションに関する高度な研究能力を身につけたい人
  8. 国際的視野から日本文化を捉え、最新の比較文化の理論を踏まえて独創的な研究を推し進めたい人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

日本語文学・英語文学などの個別文化を究めるとともに、変容する文化の動態と向き合い、流動的な国際情勢に対応できる能力や実践力を培う。

授業時間割表

平成29(2017)年度