大学校章・校歌

校章

本学の建学の理念を図案化し円の中に糸巻を入れたもので、円は円満、和合、親和、心の鏡を、糸巻は技能を表し、豊かな人格の形成と専門知識・技術の修得という理念を意味しています。

大妻女子大学|大妻女子大学院|大妻女子大学短期大学部

校歌

大妻学院校歌

JASRAC許諾番号
JASRAC許諾番号:E1405303098

現在の校歌は、大妻学院創立45周年を記念して昭和28(1953)年9月9日に制定され、同記念式典で発表されました。詩中の「みどりにあけに映ゆるいらか」は、当時の大学校舎入口に緑色の飾り瓦でデザインされた校章と中学の校舎の赤い瓦を指しています。
作詞は歌人で国文学者の土岐善麿(早稲田大学英文科1908年卒。石川啄木と親交)、作曲は平井康三郎(童謡「とんぼのめがね」「スキー」などの作曲者)です。