学生支援に関する方針

基本方針

学生一人ひとりが安心して充実した学生生活を送ることができるよう、学修環境を整備し、自立した社会人・職業人として社会に進めるよう、きめ細やかな支援と充実を図る。


  1. 修学支援
  2. ・学生が学修を円滑に進められるよう、相談、指導、支援体制を充実させる。
    ・学生が主体的・意欲的に学修できるための設備環境の充実に取り組む。
    ・学修を通じて学生の成長を促すため、授業の質的向上を図る。

  3. 学生生活支援
  4. ・学生のニーズに的確に応えるため、大学内の各組織が連携して学生支援にあたる。
    ・学生の豊かな心を醸成するため、また学生の自立を促すため、課外活動やボランティア活動などへの支援を充実していく。
    ・学生生活における悩み事などについて、相談に応じられる体制の充実を図る。
    ・学食や学生寮など学生の成長や勉学を側面的に支える環境の継続的な整備に努める。
    ・学生の経済的支援、障害のある学生の支援を充実させる。

  5. 就職・キャリア支援
  6. ・学生のキャリア形成を助成するため、各組織間の連携を強化し、キャリア教育の充実を図る。
    ・学生の多様な進路への対応のため、低学年から、キャリア・就職を意識させるガイダンス・講座を実施するとともに、業界・企業研究に関する講座を提供し、幅広い業界と職種を理解させ学生の視野が広がるよう支援する。
    ・学生の的確な進路選択に供するため、社会情勢および各企業の動向に注視し、学生の相談に応じる体制を強化する。
    ・学生の就職先および卒業生との連携を強化し、有用な情報の収集と提供に努め、学生一人ひとりの個性を大切にした就職支援の充実を図る。