大学点検・評価認証評価

認証評価結果については、以下をご覧ください。



平成26(2014)年度

UNIVERSITY ACCREDITED Mar.2014JUNIOR COLLEGE ACCREDITED Mar.2014

大妻女子大学及び大妻女子大学短期大学部は、平成26年度に大学評価・学位授与機構(現 大学改革支援・学位授与機構)、及び短期大学基準協会による「第三者評価」を受け、その結果、「大学基準」及び「短期大学基準」に適合しているとの評価をいただきました。つきましては、ここに各評価機関による評価結果及び基礎資料(自己評価書)を併せて公表いたします。

本学は、教育水準の向上を図ることを目的に日々自己点検・評価活動に取り組んでおり、平成19年度には大学、短期大学部ともに大学評価・学位授与機構による第1回目の認証評価を受審して「適合」との評価をいただいております。また、その際に指摘された事項の改善や更なる向上に向け、平成20年の大妻学院創立百周年を期に具体的な活動の指針を定めるとともに、新たな教育理念として「関係的自立者の育成」を掲げました。その後もさまざまな高等教育を取り巻く環境の変化への対応に配慮しながら、キャンパスの集約や教養教育の充実を図るための全学共通科目の導入など、全教職員が力を合わせて邁進した結果が、今期認証評価での「適合」との評価に至ったと考えております。

前回の認証評価以降に実施したさまざまな取り組みの成果が、今回、優れた点として評価されてはおりますが、その一方で改善すべき新たな課題も明確になっております。今後も更なる検証と改善を継続的に行い、長き伝統を踏まえつつ、本学の教育の質の向上に努めていきます。

評価内容については、以下の認証評価結果ならびに機構と協会に提出した本学自己評価書をご覧ください。

平成27年3月27日
大妻女子大学学長
大妻女子大学自己点検・評価委員会 委員長
荻上紘一

平成19(2007)年度

UNIVERSITY ACCREDITED Mar.2008JUNIOR COLLEGE ACCREDITED Mar.2008

大妻女子大学および大妻女子大学短期大学部は、平成19年度に大学評価・学位授与機構(現 大学改革支援・学位授与機構)、による「第三者評価」を受け、その結果、平成20年3月27日付けで、「大学基準」に適合しているとの評価が社会に公表され、文部科学大臣に報告されましたので、ここに報告書や基礎資料(自己評価書)と合わせ公開し、参考にさせていただきます。

ご存知のように、学校教育法の改正に伴い、各大学には認証評価制度※が施行されるようになりました。たまたま本学では、平成20年に大妻学院誕生百周年を迎える節目にあたり、大学および短期大学がこれまで改善や発展に協力しながら尽くしてきた教育・研究の内容をこの機会に振り返り、客観的にも評価を受け、新しく前進すべく、私立大学としては初めての大学評価・学位授与機構の第三者評価を受けた次第です。大妻女子大学および大妻女子大学短期大学部は、従来から共通の建学の理念のもとに、切磋琢磨しながら研鑽に励んで参りましたが、両者が第三者評価も揃って受けることができ、その実情を実地調査などもして評価して戴くことができました。

本学では、現在でもさらに新しくGPや社会人の学びなおしなどの特別補助事業に採択されるなど、努力を重ねていますが、この評価結果にあげられた多くの優れた点には今後ともさらに磨きをかけるとともに、指摘された点は真摯に受けとめて、さらなる改善と発展に尽くし、新しい百年の歴史を築き上げていく所存です。今後とも広く忌憚なきご鞭撻のほどを願い上げます。

平成20年3月27日
大妻女子大学学長
大妻女子大学短期大学部学長
佐野 博敏

※ 認証評価制度とは、学校教育法第69条第2項に基づき、大学が教育研究などの状況について定期的に文部科学大臣の認証を受けた第三者評価機関(認証評価機関)から受けるというもので、平成16年(2004年)度から全ての大学が評価を受けることが法的に義務づけられている制度です。

評価内容については、以下の認証評価結果ならびに機構に提出した本学自己評価書をご覧ください。